誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
HOME » おすすめの純金積立会社を徹底比較

おすすめの純金積立会社を徹底比較

 

本カテゴリーでは、日本国内で純金積立サービスを利用できる会社を10社ピックアップし、それぞれの特色やコスト面、サービス面などを比較検証し、オススメランキングも紹介しています。

どこを選ぶべきか、純金積立の会社を徹底比較

純金積立に限った話ではありませんが、初めて何がしかのサービスを利用しようとする場合、どこの会社のどのサービスを利用するべきかという点は大変悩ましい問題です。

ましてや、リスクは比較的低いとは言え、純金積立も投資である以上、慎重に検討する必要があります。

まずは各社の特徴を理解し、メリットとデメリットを踏まえたうえで運用していくことが肝要です。

保管方法が特定保管なのか、消費寄託なのか、あるいはその他の方法かといった点はもちろん、その会社の持つ特色や強みはどのような点かといったこともしっかり考慮すべきです。

本カテゴリーの各ページでは、純金積立会社10社それぞれの手数料や保管方法、会社としての特色などを取りまとめましたので、各社の違いを理解するのに多少なりとも役立つのではないかと思います。さらに、「純金積立するならこの会社BEST5」では、先に述べたポイントをもとに各社を比較ランキングしています。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの純金積立会社を年間コストや手数料などで比較しました!

横浜金属

横浜金属は国内の貴金属リサイクル会社として初めてロンドン金属取引所で銀地金の公認ブランド指定を受けた信頼と実績の会社です。

(社)日本金地金流通協会の正会員でもあることから、貴金属のリサイクル化を常にグローバルな視点でとらえ、業界をリードするパイオニアとして注目されています。純金積立についてもこれまで積み重ねてきた実績と信頼をもとに、他社にはない低コストのシステムや便利なスポット購入などを導入しています。

>>横浜金属について詳しくみる

KOYO証券

KOYO証券は、1963年に設立された歴史と実績ある金融商品取引業者です。決して知名度は高くありませんが、純金積立をはじめ、株式、外国債券、投資信託、先物・オプション、商品先物取引、保険など多彩な商品を取扱い、顧客の利便性を追求したサービスを数多く提供するなど、アグレッシブな経営と事業展開を行っています。純金積立においては、年間トータルコストの低さが魅力。毎月の購入手数料無料や、業界最安水準の年会費1500円、スプレッド65円など、種々のサービスは低コストで取引したい方におすすめの内容です。

>>KOYO証券について詳しくみる

田中貴金属工業

田中貴金属工業は、創業130年以上の歴史をもつ貴金属のリーディングカンパニーです。設立当初は両替商でしたが、現在は金地金、プラチナ、銀地銀、メイプルリーフ金貨、プラチナイーグルコインなど幅広い商品を扱っています。利用客は50万人以上にものぼり、日本のみならず米国、欧州、アジアなど海外でも活動し、積極的なグローバル展開も行っています。純金積立では、複数の商品を1つで取引できる積立口座の提供や、毎日少しずつ購入できる仕組み、保管料無料、スポット購入手数料など、独自のサービスが目白押しです。

>>田中貴金属工業について詳しくみる

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループ株式会社100%出資のオンライン証券会社です。設立は1999年で老舗ではありませんが、ネット証券では常に業界をリードする存在であり、国内の上場株をはじめ米国株・中国株、債券、投資信託、外貨建てMMF、FX、先物オプション、ゴールドなど、金融商品全般を網羅するラインナップの充実が魅力。純金積立では、金・プラチナ・銀への積立投資が毎月1,000円の少額から可能。他にも、業界最安水準のコストや、定額と定量から選べる仕組み、口座管理料無料など、メリットの多いサービスを行っています。

>>マネックス証券について詳しくみる

楽天証券

設立1999年の楽天証券は、インターネット専業の証券会社です。楽天市場でもおなじみのIT大手、楽天のグループ企業として知名度と信頼性は抜群。商品ラインナップも豊富で、国内外株式・ETF、投資信託、債券、先物・オプション、FX、金・プラチナ、保険まで多彩な取扱いを行い、純金積立でも、毎月1,000円からの少額積み立てや、価格をみながらのオンライントレード、顧客資産の保全を目的とした区分管理など、サービスとサポート体制が万全です。

>>楽天証券について詳しくみる

徳力本店

徳力本店は、1972年(享保12年)創業の、歴史と伝統ある貴金属のメーカーです。出発点は両替商ですが、現在は金や銀など貴金属の製造・販売を手掛けています。単なるブローカーではなくメーカーであり、事業は地金の取引や仲介だけでなく、工業用・医療用製品材料を供給するなど、貴金属を通じて産業界や医療界に貢献しています。純金積立では、月々5,000円から始められる「純金+プラチナ」コースや、積み立てた地金の量に応じて地金が増える徳力プレミアムなど、独自のサービスを提供しています。

>>徳力本店について詳しくみる

三菱マテリアル

長い歴史と伝統を持つ三菱グループの一角、三菱マテリアルは押しも押されぬ日本を代表する大手非鉄金属メーカーです。当社は早くも1896年(明治29年)に金の取り扱いを開始しており、現在は「マイ・ゴールドプラン」名前で純金積立サービスを提供、年会費一律864円、月額3,000円、1,000円単位から利用できます。価格帯は業界標準レベルですが、所定の方法で算出したグラム数分の金が上乗せされる「満期ボーナス」など嬉しい特典が目白押しです。

>>三菱マテリアルについて詳しくみる

岡藤商事

1951年に創業した岡藤商事は先物取引で信頼と業績を築いてきた会社ですが、現在は証券仲介業、外国債券販売、外国債券積立サービスなど、様々な分野の金融商品を取り扱っています。純金積立関連では、1973年4月に金地金の販売を開始。1982年の東京金取引所開設に伴う金の受託業務開始を経て、1990年10月より「タートルプラン」純金積立販売を開始しました。ストロングポイントは東京商品取引所との太いパイプ。間接業者を通さず金の直接買い付けができるため、同業他社より割安な純金積立サービスを提供することができます。

>>岡藤商事について詳しくみる

住友金属鉱山

言わずと知れた住友グループの非鉄金属企業、住友金属鉱山の特徴は、ルーツを安土桃山時代の蘇我理右衛門とする歴史の長さと、天下の住友ブランドの信頼性と数々の実績。また国内最大級の金鉱山(鹿児島県北部の菱刈鉱山)を持ち、原資が安定していることも当社の強み。純金積立は、年会費840円、手数料2.5%、月額3,000円からの積立単位でサービスを提供。コストは格安ではありませんが、企業イメージの良さやブランド力、信頼性で勝負することができます。

>>住友金属鉱山について詳しくみる

EVOLUTION JAPAN

EVOLUTION JAPANは、東京都千代田区に本社を置く商品先物や金融商品を取り扱うグローバルな日本企業です。純金積立における最大の特徴は、特定保管方式を実践していること。一般的に国内で純金積立を扱う業者は消費寄託を採用しており、業者の資産と顧客の資産を分別管理しませんが、EVOLUTION JAPANは特定保管方式の採用により、会社の資産と購入者の純金は区別して管理されます。そして、仮に取り扱い業者が倒産しても顧客の資産は保護されます。年会費は無料、購入手数料は月1万円みまんで5.0%、1万円以上で1.7%、積立は月々3,000円からです。

>>EVOLUTION JAPANについて詳しくみる

三井住友銀行

三井住友フィナンシャルグループ傘下にしてメガバンクの一つ、三井住友銀行の強みは、預金をはじめ、外貨、債券、投資信託、少額投資非課税制度、個人型確定拠出年金、住宅ローンに至るまで、金融商品全般を取り扱っていることです。大手銀行ならではのきめ細かい応用の効く資産有用サービスが受けられるため、純金積立においても安心して利用することができます。コスト面での他社との比較では若干の割高です。年会費は1,260円、購入手数料2.5%、積立は月々3,000円から1,000円単位で運用できます。

>>三井住友銀行について詳しくみる

ドットコモディティ

ドットコモディティは、元経済産業省の官僚が創業したオンライン専業の商品取引会社です。主要株主には楽天および楽天証券が名を連ねており、IT時代の象徴とも言える会社です。取り扱っている商品は、純金の他、農産物、エネルギー部門、そして純金以外の金属など。同社で扱う金は、金取り引きの世界的基準である「ロコ・ロンドン」が買い付けた小売価格を元に取引されるため、消費税の影響を受けないという利点があります。

>>ドットコモディティについて詳しくみる

岡安商事

岡安商事は大阪で創業された商品先物会社です。現在は純金積立サービスや商品先物に加え、商品ファンドや、FX取引および取引希望者向けのセミナーなども開催しています。同社の純金積立サービスの大きな特徴が、金の保管方法。岡安商事では混蔵寄託という方法を採用しています。これは、預かった他の同種類・同物質の純金地金と混合して保管する方法で、所有権は依頼者のまま保管され、運用されることはないので、その点は安心できる要素のひとつといえるでしょう。

>>岡安商事について詳しくみる

石福金属興業

東京都・神田で、80年以上にわたって営業している老舗純金積立会社が、石福金属興業です。貴金属地金の販売だけでなく精製加工業者としても有名で、国内外で評価の高い会社です。同社では独自の定期購入システムを設けており、誰でも比較的簡単に純金積立ができる環境づくりをしています。毎月一定額、同じ銘柄の金を購入していくというやり方で、価格変動についてまわる購入・売却リスクを抑え長期的な投資を実現しています。

>>石福金属興業について詳しくみる

SBIネット銀行

SBIネット銀行は、SBIホールディングスと三井住友信託銀行の共同出資で生まれたインターネット専門の銀行です。店舗をもたない、従来とはちがった形態の銀行となっています。SBIネット銀行では、純金積立を含む、さまざまな資産運用に対応した、独自の商品を取り扱っています。資産運用については、積立額が毎月1000円からと非常に敷居が低くなっており、価格に応じて買い付けの調整も可能。すべての取引はweb上で完結でき、取引状況や履歴なども簡単に確認できます。

>>SBIネット銀行について詳しくみる

株式会社アルファブレーン

アルファブレーンは、手軽に始められる純金積立のプラン「純金積立365」が有名な会社です。契約の時点で購入金額が確定するプランとなるので、金の価格変動に応じて発生する余分なコストの心配がない、という特徴があり、従来の純金積立よりも安くしっかりと貯められます。契約の途中で積み立ての残金を振り込む早受渡しや、これまでに積み立てた金を途中で換金する中途解約など、柔軟な対応をしてくれるのも魅力の一つです。

>>株式会社アルファブレーンについて詳しくみる

筑波銀行

茨城県の筑波銀行が取り扱う「つくば純金積立」は、月々3,000円から、1,000円単位で金額を決めてスタートできます。希望によって年に2回の増額購入ができるほか、後日の購入金額変更も可能です。「つくば純金積立」では毎月の代金を日割りし、毎日一定額の純金を購入していきます。金の価格に応じて購入量を調整してくれるので、金の価格変動に左右されることなく、着実に純金を貯めていけます。また、積み立てた純金は、金地金として引き出すことはもちろん、金貨との等価交換や、売却もできます。

>>筑波銀行について詳しくみる

ゴールドリンクコーポレーション

ゴールドリンクコーポレーションでは、「ゴールド積立くん」という純金積立サービスをおこなっています。これは3,000円からはじめられる純金積立なので、興味はあるけどまとまった資金が用意できない、という人にはおすすめです。金は世界共通の価値があり、貨幣などと違って一定の価値はあるので、安心して積み立てられる金融商品として人気となっています。

>>ゴールドリンクコーポレーションについて詳しくみる

百十四銀行

百十四銀行の純金積立は、毎月口座から引き落とされた金購入代金を営業日数で日割りして毎日金を購入する、という商品となっています。積み立てた純金は世界の金市場公認の金地金で入手できるだけでなく、カナダのメイプルリーフ金貨、オーストリアのウィーン金貨ハーモニー、オーストラリアのカンガルー金貨といった世界各国の金貨や、指輪やネックレスといったゴールドジュエリーと引き換えることもできます。希望額だけを現金化する、といったことも可能です。

>>百十四銀行について詳しくみる

SBI証券

SBI証券の純金積立は、知名度の高さや信頼性、投資コストの安さが魅力となっていることに加え、ポイントが貯まる点も見逃せません。純金積立は長期的なスパンで取引を行うものですから、続けるほどお得感が増していきます。また、SBI証券の純金積立は、他社と比べて手数料が格段に安いのも特徴です。長期的に純金積立を行っていく場合は取引回数が多くなるので、SBI証券のように手数料が安いのは大変心強いと言えるでしょう。

>>SBI証券について詳しくみる

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら