誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
HOME » おすすめの純金積立会社を徹底比較 » 三菱マテリアル

三菱マテリアル

かの三菱グループの純金積立会社、三菱マテリアルについて、サービスの特徴や、会社概要などを取りまとめていきたいと思います。

三菱グループの純金積立会社、三菱マテリアルとは

三菱グループについてはご説明するまでもないでしょう。幕末から明治初期にかけ、土佐出身の大立身、岩崎弥太郎が興した企業グループであり、現在でも銀行から商社、重工業などさまざまな分野の企業が集結しています。

かの三菱グループの傘下企業

三菱マテリアルは、そんな三菱グループの一員だけあり、同社も古い歴史をもっています。記録によれば会社として鉱山開発に乗り出したのは1871年(明治4年)。
そして1896年 (明治29年)には金山・銀山を所有し精煉所を整備。金の取り扱いを開始しています。このようなスケール感の大きさは、さすが天下の三菱グループといったところでしょうか。

積立にかかるコストと保管方法

そんな同社が行なっている純銀積立は「マイ・ゴールドプラン」と銘打っており、純金はもちろんのこと、プラチナの積立も任意で並行して行えるようになっています。

保管方法は消費寄託となっており、万一の際の心配はゼロではありませんが、前述の通り三菱グループによるバックアップが期待でき、会社規模も他の純金積立会社とは一線を画していますので、心配の度合いはかなり低いと言ってよいでしょう。

気になる利用者のコスト面について見ていきましょう。まず年会費は一律864円月額3,000円から始めることができ、1,000円単位で任意の金額まで加算していくことになります。
またスポット購入とは別に、ボーナス月に1,000円単位で増額するという買い方もできるようになっています。

ちなみにスポット購入は1万円から1万円単位となっています。手数料は1,000円購入ごとに25円となっており、パーセンテージで言うと2.5%という数字になります。

同社ならではのポイントサービスも実施

以上の数字から見るとまさに業界の平均値という感じでありますが、同社の「マイ・ゴールドプラン」には「満期ボーナス」という利用者に嬉しいサービスも用意されています。これは年度ごとの購入期間満了日に、その1年間に積立てた金の重量を12で割った分量に指定の料率を乗じたグラム数分の金(プラチナ積立の場合はプラチナ)が上乗せされるというもの。消費者心理として、こうした特典が用意されているのは、なかなか嬉しいものですね。

以上を総合すると、同社は手数料などのコスト面は業界平均でありますが、利用者の都合には比較的柔軟に対応してくれ、そしてなにより三菱ブランドという安心感が大きなセールスポイントと言えるでしょう。

三菱マテリアルは何位?純金積立会社を年間コストや手数料などで比較しました!

三菱マテリアルの基本Data

  • 三菱マテリアル株式会社
  • 本社:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
  • 直営店舗:丸の内、仙台、名古屋、大阪、福岡
  • 創業1871年

※業者登録や団体加入に関する記載は特に見当たりませんでした。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら