誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
HOME » おすすめの純金積立会社を徹底比較 » マネックス証券

マネックス証券

2015年5月より純金積立ができるようになったマネックス証券。その特徴や口コミ評判を掲載していきます。

口コミで高い評価!大手証券会社・マネックス証券とは

マネックス証券の歴史を振り返ってみると、アメリカの大手証券会社ゴールドマン・サックスに行き着きます。そこで手腕を発揮していた松本大氏とソニーが共同で1999年に設立したのが、マネックス証券なのです。

ここまでの発展を遂げたのは、やはり大手ならではの安心感と、サービスのきめの細かさだと口コミや評判から読み取れます。その後、さまざまな変遷を経て現在の形になり、2015年5月に金取引ができるようになりました。

マネックス・ゴールドの2つの購入プラン

2015年から始まったマネックス証券の新たな取引が「マネックス・ゴールド」。その特徴は何と言っても1g、もしくは1,000円から購入できる「少額取引」にあります。そのため、毎月一定の金額を積立てる「定額プラン」、一定の量を積立てる「定量プラン」という2つのプランを用意しています。

例えば、定額プランで10,000円の積立を設定した場合、はじめに約500円分、以後は約480円分の買付を1か月行います。これが定量プランになると1日ごとに0.25gずつを買付、1か月で5gの金を購入していくのです。もっと高額な取引を想像されていた方は、この手軽に始められるプランをみて驚いたのではないでしょうか?

さらに、サポート体制や投資情報の充実さもマネックス証券の特徴のひとつ。オンラインが不慣れな人であっても、マネックス証券は独自にパソコンサポートダイヤルを用意しており、経験豊富なオペレーターがきめの細かい対応を行ってくれます。また純金だけでなく、さまざまな投資物件の情報を完備しており、すべて無料で閲覧することができます。

積立にかかるコスト

マネックス・ゴールドで買付をする時には、定額プラン、定量プランともに手数料として約定代金の2.7%(税込)が必要になります。ただし、売却を行う時には、両プランともに手数料は発生しません。

買付けた金は100g、もしくは1,000g単位で自宅に運んでくれるサービスもあります。預ける場合には100gにつき6,000円1,000gで25,000円の手数料がかかります。くわしいことは契約の際に問い合わせてみるといいでしょう。

マネックス証券は何位?純金積立会社を年間コストや手数料などで比較しました!

マネックス証券の基本Data

  • マネックス証券株式会社
  • 本社:東京都千代田区麹町二丁目4番地1
  • 設立:1999年5月

・金融商品取引業者
・関東財務局長(金商)第165号
・貸金業者 東京都知事(2)第31319号

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら