誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
HOME » おすすめの純金積立会社を徹底比較 » 岡安商事

岡安商事

大阪を本拠とする商品先物会社、岡安商事の取り扱う金積立について、特徴や概要を取りまとめていきたいと思います。

大阪を本拠とする、岡安商事の金積立

岡安商事は1952年(昭和27年)に大阪で発足した商品先物会社を母体とし、年月とともに事業を拡大。現在は商品先物に加え、商品ファンドや、FX取引および取引希望者向けのセミナーなども開催。そしてもちろん、純金積立サービスを展開しています。

保管方法には混蔵寄託を採用

そんな同社が提供する純金積立サービスで大きな特徴となっているのが、金の保管方法です。本サイトでご紹介している純金積立会社の多くは消費寄託、一部の会社は特定保管という方法を採用していますが、岡安商事では混蔵寄託という方法を採用しています。

混蔵寄託とは、簡単に言えば、特定保管と消費寄託の中間のような保管方法であり、預かった他の同種類・同物質の純金地金と混合して保管する方法です。もちろん所有権は依頼者のまま保管され、運用されることはないので消費寄託の方法に比べて安心です。

また特定保管よりは、保管に関するコストを軽減できるメリットもあります。なお同社では、保管は総合商社双日株式会社(旧ニチメン)と提携・委託しています。

同社の純金積立にかかるコストは?

気になるコスト面は、年会費が3,240円、購入手数料は1.000円につき25円となっています。積立単位は月額3,000円から1,000円単位となっており、ボーナス月には1,000円単位での増額も可能となっています。ただし、金価格が値下がりした際のスポット購入に関しては記載が見当たりませんでした。事前に確認しておくとよいでしょう。

岡安商事は何位?純金積立会社を年間コストや手数料などで比較しました!

岡安商事の基本Data

  • 岡安商事株式会社
  • 本社:大阪府大阪市中央区北浜2-3-8
  • 東京、福岡、札幌にも拠点を展開
  • 設立:1952年

・経済産業省平成22・12・22商第6号
・農林水産省指令22総合第1351号
・近畿財務局長(金商)第304号

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら