誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
HOME » おすすめの純金積立会社を徹底比較 » 田中貴金属工業

田中貴金属工業

テレビCMなどで比較的知名度の高い純金積立会社、田中貴金属工業の評判や特徴、会社概要などを取りまとめていきたいと思います。

テレビCMで知名度の高い、田中貴金属工業の純金積立

田中貴金属工業と言えば、数ある純金積立会社のなかでも高い知名度のある会社といってよいでしょう。それこそ、純金積立に関心のない方でもその社名は知っているという方も少なくないはずです。

金銀の子豚キャラクターでおなじみ

古くからテレビCMでおなじみの田中貴金属は、1918年設立(創業1885年)の老舗でもあります。
当初は両替商として発足し、ほどなくして電球に使われた白金を回収・再利用するという、今で言うリサイクルを手がけるようになったとのことです。それゆえに、現在も純金積立とともにプラチナ積立もメイン商品として扱っています。

積立にかかるコストと保管方法

もうひとつの大きな特徴としては、同社は数少ない特定保管を採用している純金積立会社です。
利用者が積み立てている純金を投資運用することで年会費や手数料に還元する消費寄託とは異なり、万一取り扱い会社が倒産しても、それまで積立てきた金は安全に利用者に返却される仕組みとなっています。

一方で、特定保管の場合は手数料や年会費などが高くなりがちで金の保管料が必要になる場合もあります。しかし、同社では年会費・保管料とも無料となっています。

ただし、金の購入に際しての手数料については、購入する金額ごとに細分化されています。月々の購入額が1,000円~2,000円の場合だと5.0%とやや割高、3,000円~9,000円になると3.5%に下がりますが、それでも業界の平均よりは上という感じです。10,000~29,000円となって初めて、業界の平均並みである2.5%になります。そして30,000~49,000円になると、業界でも大分お得感のある2.0%になり、そして50,000円以上となると1.5%となり業界でも最安値レベルを実現しています。

以上を鑑みると、同社は特定保管の大きな安心を享受でき、月々の積立金が多いほどお得というサービスを実施しています。その一方で、手数料に割高感はあるものの、月々1,000円からという積立にも門戸を開いています。より幅広い層の方にとって、検討候補になるよう条件設定を行なっていると見受けられます。

田中貴金属工業は何位?純金積立会社を年間コストや手数料などで比較しました!

田中貴金属工業の基本Data

  • 田中貴金属工業株式会社
  • 本社:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング
  • 設立:1918年(創業1885年)

※業者登録や団体加入に関する記載は特に見当たりませんでした。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら