誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
純金積立の始めかたNAVI » 覚えておきたい純金積立はじめて講座 » 金の買い方

金の買い方

投資の中でも古くから運用され、不況時に強いと言われているものの一つに「金」があります。世の中がめまぐるしく動いていく中で、金に投資して地道に資産を増やしていきたい、という人は少なくないでしょう。

ただ、これから始める方にとっては、金の買い方について分からないことも非常に多いはず。このページでは、金の買い方についてご紹介していきます。

シンプルなのは金貨の購入

金を購入する際、最もシンプルで分かりやすいのが、「金貨」を購入することです。

貴金属店に行けば、外国政府が発行する投資用の金貨が販売されており、お金を払えばその場で購入できます。

価格は金の時価総額にプレミアムと呼ばれるデザインや加工費、輸入の際の諸経費などが上乗せされた価格で取引されており、金の値動きがあれば、金貨の値段も変わります。

ただし、中には偽物が混じっていることがあるので、購入の際は信頼できる店舗に行くようにしましょう。価格は十数万円程度となっています。

金のイメージはこれ?金地金

金の購入において金貨の他にメジャーなものとしては、貴金属メーカーや地金商が販売している「金地金」があります。

よくドラマやフィクションなどで目にする「金の延べ棒」がこれにあたります。これらの金は、メーカーの直営店などであれば、品質は保証されていると言っていいでしょう。

なお、価格は数十万から数百万単位と高額になっており、しっかりと保管できる場所も確保する必要があります。

投資信託での運用もあり

金については、「金ETF(上場投資信託)」と呼ばれる投資信託で購入する方法もあります。

これは運用の成果が金価格の動きに連動するよう設定された投資信託で、取り扱うのは証券会社などになります。株式のように売買することができ、実物を扱うわけではないので、盗難のリスクもありません。

ただし、中には金の現物と交換できない場合もあるので、事前に確認しておく必要はあるでしょう。

安価で始められる純金積立

純金積立は、毎月の積立金額を営業日数で割った1営業日あたりの金額によって、営業日毎に自動的に金地金を買い付けていきます(ドルコスト平均法)。

貴金属メーカー、地金商、証券会社や銀行など、さまざまなところで取り扱っています。毎月の積立金額は3000円からとなっており、他の金の購入方法と比べ、安価で始められるのが大きな特徴となっています。低リスクでスタートでき、現物を持たないので盗難の心配もありません。

ファンドに委託する

投資の世界にはいろいろなファンドがあり、それは金に関しても例外ではありません。

ファンドの場合、運用は専門家(ファンドマネジャー)に任せることになります。自分で運用していくのはちょっと自信がないということであれば、ファンドに任せるのも一つの手でしょう。

ただし、もしファンドの運用が失敗したとしてもそれは自己責任になるので、そのリスクはきちんと把握しておくべきでしょう。任せるときは、実績があって信頼できるところをしっかり探していくべきです。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら