誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
HOME » 覚えておきたい純金積立はじめて講座 » 金相場の推移と今後の展望

金相場の推移と今後の展望

金相場の推移をよく観察することはによって、金投資のすべてが決まってきます。こちらのページでは、過去10年間の金相場の推移などをみて、今後の動向についてくわしく解説していきたいと思います。

10年前の金相場の推移

金は不動産や株などと同じように、需要があることで供給に結びつき、それに応じて価格が変わってきます。また、その時の政治状況や金の供給量によって、大きな価格変動があるのも金相場の特徴といえるでしょう。

そこで、今から過去10年間の東京都とニューヨークの金相場の推移をグラフにしてみました。

金相場の推移

このグラフを見ると、2001〜2008年までの間、金相場はそれ以後の年よりも価格が下降線を描いていることがよくわかります。これは、金の生産量が価格上昇について行けなくなったことが原因とされています。ただし、それより以前の1990年代に、すでに金の価格が下がっていたことも大きな要因と見られているので、それ以降の金相場の悪化は仕方がなかったと解釈する声もありました。

2009年に突入すると、それまでの不調が嘘のように金は増産されるようになります。例えば、2009年には約180トン、2010年には約130トンと、安定した生産量を確保することができました。

特に、2011年には、世界的な金融緩和になり、実質金利がマイナス傾向になったことから、金を保有する動きが世界各地に見られ、過去10年間の推移をみても最高基準の好調を記録しています

なぜ金はそんなに買われているのか?

ここまで金が好調といわれているのには、大きな理由があります。それはリーマンショックの原因ともなったサブプライムローンをはじめとした、世界的な金融危機が発生したからです

この深刻な危機が起きてから、それまで不動とされていたドルの信用が大幅に下落することになり、より安定した資産である「金」を買い求める人たちが増えたといわれているのです。そのほかにも。原油や穀物などの資源価格の高騰がおき、インフレに関する不安が高まってきたことも理由とされています。ギリシャの金融危機も大きく金の市場に影響を与えました。

今後の金相場の動向

世界情勢によって大きく変化するのが金相場であるため、確実性をもってその動向を論じることはできません。ただ、新興国との混乱が起きると、不安感が高まり、それに比例するかのように「リスク回避のために金が買われるのではないか?」と考えられています。

また、先進国の景気が回復することで、物価上昇が起こり、金のインフレ時代に突入する可能性も指摘されています。ここうした世界情勢に比例するかたちで、より安定をもたらすための資産として、「金」はさまざまな投資家たちの注目を集めているのです

 

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら