誰でもわかる純金積立の始めかたNavi
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
純金積立の始めかたNavi » 覚えておきたい純金積立はじめて講座 » ポートフォリオにおける金の割合の考え方

公開日: |更新日:

ポートフォリオにおける金の割合の考え方

このページでは、投資のポートフォリオとして金投資をどの程度の割合にすべきなのか、リスクマネジメントや資産運用の観点から解説しています。リスク管理や利回りのバランスを考えて適切な金の割合を考えてきましょう。

ポートフォリオの10%を金として保有するのがベター

投資や資産運用の世界において使われる「ポートフォリオ」とは、その人が保有している資産の「構成」を意味しています。例えば保有資産が金と株式のみであり、それぞれ同額の資産価値を有しているとすれば、ポートフォリオにおける金の割合は50%となります。

個人のポートフォリオにおける金の割合を考えた場合、一般的には10%程度をキープしておくことが良いと考えられています。言い換えれば、比較的安定した資産価値を保てる金を10%確保しておくことで、一定以下まで資産が失われないよう守ることが可能となります。

どうしてポートフォリオを考えるべきなのか?

全ての資産を単一の企業の株式に投資していた場合、その企業の業績が悪化したり、倒産してしたりすれば、自分の保有する資産は一気に減少して大きな損失を被ってしまうでしょう。このようなリスクを避けるため、複数の形態で資産を保有し、また互いの資産の特徴を考えながら全体の割合を考えていく作業が必要になります。これが資産運用のリスクマネジメントとして重要な分散投資です。

ポートフォリオとはまさに複数の資産がそれぞれどのような割合で構成されているのかを示したものであり、その人のリスクマネジメントを象徴するものであるといえます。

ポートフォリオを構築するメリットは?

ポートフォリオを理論的に構築してリスクマネジメントを行うことで、様々なメリットを得られることも重要です。

分散投資を適切にマネジメントできる

例えば円安になれば業績が上がる企業と、円高になれば業績が上がる企業の株式をそれぞれ保有しているとします。その場合、円が変動して一方の企業の株価が下落したとしても、もう一方の企業で業績が向上して株価が上がり、全体で損失を抑えられると期待できる点が重要です。

分散投資とはこのように、特定の資産が価値を減じても、他の資産が価値を維持もしくは向上させることで、結果的に総資産の価値を安定させるというリスクマネジメントです。

ポートフォリオを適切に考えることで分散投資の計画性や実効性が高まります。

保有資産の割合を可視化して把握できる

分散投資はリスクマネジメントとして有効ですが、保有している資産の種類や範囲が広がるほどに管理が難しくなります。しかしポートフォリオをきちんと構築しておくことで、今の自分がどんな資産をどの程度保有しているのか、すぐにチェックできるようになるでしょう。

利益確定のタイミングや損切りの基準を明確化できる

ポートフォリオをしっかりと用意しておくことで、全体の資産のバランスや関係性を客観的に観察し、それぞれの値動きによる資産価値の上昇・下落を把握できるようになります。これによって、どのタイミングで資産を現金化することで利益を最大化し、あるいは損失を最小化できるのか、根拠を持って考えられることがポイントです。

ポートフォリオを構築する際の注意点

ポートフォリオは適切に構築できれば便利なツールですが、そもそも正しくポートフォリオを構築できなければ逆にリスクが高まります。ここではポートフォリオ構築時に注意すべき点として代表的なものを解説します。

資産や投資の種類を増やしすぎない

ポートフォリオは保有資産の構成を把握するためのものであり、当然ながら保有資産の種類や投資先が増えればポートフォリオの構築も複雑化することが重要です。

投資や資産運用では、様々な投資先や資産が相互に関与しており、その数が増えれば増えるほどにそれぞれのバランスがどう変化するのか見極めが困難になります。

安易に投資先や資産の種類を増やすことで、そもそもポートフォリオを構築できないリスクが高まるでしょう。

投資先やリスクの重複を避ける

分散投資によってリスクマネジメントを行う理由は、1つの資産の価値が下がっても、他の資産の価値が上がることで、全体的な資産価値を維持することにあります。言い換えれば、同じ条件で資産価値が増減する投資先や資産を保有しても分散投資として成立しません。

そのためポートフォリオを構築してリスクマネジメントを適正化したいのであれば、投資先の重複や資産の偏りを避けて、バランスの良い資産運用を目指すことが肝要です。

まとめ

投資や資産運用における「ポートフォリオ」とは保有資産の構成を意味しており、適切にポートフォリオを構築することでリスク分散に繋がります。金は比較的安定している資産と言われており、ポートフォリオに金を組み込んでおくことで、他の資産の価値が大幅に下落した際でも総資産の全ロストといった悲劇を遠ざけられるでしょう。

金のポートフォリオは一般的に10%程度が良いとされていますが、個々の資産状況や考え方によって数値は変わるため、自分なりのポートフォリオを検討してみてください。

純金積立会社はどこがいい?
年間コストで比較!おすすめ会社5選の
口コミ・評判をチェック