誰でもわかる純金積立の始めかたNavi
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
   
※年間総コスト=月1万円を12ヶ月積立時の年会費・買付手数料の合計
※2021年11月時点の調査情報を元に作成しています
純金積立の始めかたNavi » 初心者におすすめの投資方法 » 金の買い方 » 金先物取引のメリット・デメリットとは?

金先物取引のメリット・デメリットとは?

金先物取引とは

先物取引は、特定の商品について、一定の日時に決められた価格で売買する取引となります。売るにしても買うにしても、価格の変動を見極めることによって、うまく利益を出していくことも可能となっています。金に関しても、先物取引を行うことが可能となっています。

金先物取引のメリット

大きな金額を取引できる

先物取引に関しては、大きな金額で取引できることが魅力となっています。これは金に関しても同様となっており、大きく利益を出したい場合にはオススメです。商品先物取引ではあらかじめ資金を用意しておかなくても、「証拠金」と呼ばれる小額の資金を預けることで、取引を開始できます。証拠金を入れることで、入れた金額に20倍以上の取引ができるようにもなっているので、資金が少なくとも始められますし、大きな金額を入れることで、さらに大きな利益を得るチャンスもあります。

「買い」からでも「売り」からでも投資ができる

先物取引の場合、「買い」か「売り」かを選んでスタートできるのが魅力となっています。値上がりするのか値下がりするのか、将来的な値動きを予測していくことで、利益を狙えます。値動きの要素にはさまざまなものがありますが、しっかりと予測が立てられれば、うまく利益を出していけるかもしれません。

金先物取引の注意点

損失も大きくなることがある

少額で大きな取引をできるということは、裏を返せば、資金に見合わない大きな損失を被ってしまう可能性もあるということです。きちんと値動きを見定めなければ、大きな損失を出してしまう可能性もあります。投資の際には、十分に注意するようにしましょう。

取引期限の満了日が決まっている

金に限らず、先物取引では取引期限の満了日が決まっています。そのため、期限ごとに決済を行っていかなければいけません。値段が大きく変動したときには、追加の証拠金を入れる必要が出てくることもあります。自己資金以上の取引を行う場合には、ここで多額の資金をいれなければいけないケースも多々出てくるため、長期での投資には向かない商品だと言えるかもしれません。どちらかと言えば、短期間で大きく利益を出したい人向けの投資方法だと言えるでしょう。いずれにしても、リスクに関してはしっかりと把握しておくべきです。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら