誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
※年間総コスト=月1万円を12ヶ月積立時の年会費・買付手数料の合計
※2015年7月時点の調査情報を元に作成しています
純金積立の始めかたNAVI » おすすめの純金積立会社を徹底比較 » 筑波銀行

筑波銀行

茨城県土浦市に本店を構える筑波銀行。銀行業務の1つ、資産運用の中でも純金積立が評判です。今回は、筑波銀行の純金積立についてご紹介。基本情報はもちろん、積立の特徴や口コミなども併せて解説しているので、興味がある人は参考にしてみてください。

筑波銀行の純金積立の特徴

月々3,000円から積立可能

筑波銀行が取り扱っている、つくば純金積立は月々3,000円から、1,000円単位で始めることができます。希望によって年に2回、増額購入することができるほか、後日、購入金額を変更することができます。また、積み立ての期間は、基本的に1年となっていますが、申し出をしなければ、そのまま継続して積み立てを行うことができるので、便利です。

毎日純金を購入

つくば純金積立では、毎月の代金を日割りして、毎日、一定額の純金を購入していきます。金の価格が安い時は多く、逆に高い日は少なく購入することで、金の価格変動に左右されることなく、着実に純金を貯めることができるのが魅力です。

自由に引き出し売却できる

積み立てた純金は、金地金として引き出すことはもちろん、金貨と等価交換したり、売却することもできます。引き出した地金や等価交換で手にした金貨は、事前に登録した住所に保険付きで送ってもらうことができるので便利。売却した場合は、これまでに積み立てで振替を行っていた預金口座に振り込んでもらうことができます。

保管や管理の必要なし

積み立てを行っている純金は、自分が引き出しや売却などの依頼をするまで、きちんと預かりもらうことができます。純金の残高は、年に2回ほど知らせてもらえるので、こちらから問い合わせる必要はなし。そのため、保管や管理を自分でする必要はなく、中途解約をする場合も解約手数料はかかりません。

リーズナブルな手数料

純金積立にかかる手数料は、864円の年間手数料と毎月の購入金額1,000円に対し30円とリーズナブル。他社の中には、情報手数料などとして、年間手数料だけで数万円かかってしまうケースもあるので、格安だといえます。

純金積立会社を年間コストや手数料などで比較しました!

純金積立のプランについて

つくば純金積立

1年間の購入期間で、毎月3,000円以上、1,000円単位で金を購入できます。年2回、増額での購入も可能です。1年間の経過後は、原則として契約が毎年自動継続していきます。毎日純金を購入していく形になるので、価格の変動に左右されず着実に純金がたまります。

金の受け取り・引き出し方法

決済方法(バー指定手数料を含む)

5g以上5g単位で引き出しができます。なお、金の引き出しの際、500g未満の引き出しには所定の手数料がかかります。売却に関しては、希望日(業務委託先の休業日を除く)に前日までの金地金残高の範囲内で行うことができ、売却代金は所定の日に預金口座に振り込まれます。

受け取り方法

受け取りは、契約をした際に届け出ている住所に送付されます。また、金貨との等価交換も可能となっています。もちろん、状況によってどうしたいかという希望は変わってくることがあるはずなので、詳しいことは窓口に相談し、確認してみてください。なお、申し出については早めに行うことをおすすめします。

中途解約をした場合

もし中途解約を行うということであれば、窓口に申し出てその後の対応について確認してみてください。なお、解約手数料はかかりません。

筑波銀行の口コミ

  • ※現在調査中

筑波銀行の基本Data

  • 行名:株式会社筑波銀行
  • 本店住所:茨城県つくば市竹園一丁目7番
  • 設立年度:1952年

※業者登録・加入団体:業者登録や団体加入に関する記載は特に見当たりませんでした

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら