誰でもわかる純金積立の始めかたNavi
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
   
※年間総コスト=月1万円を12ヶ月積立時の年会費・買付手数料の合計
※2021年11月時点の調査情報を元に作成しています
※KOYO証券の公式HPに税表記はありませんでした
純金積立の始めかたNavi » 覚えておきたい純金積立はじめて講座 » 純金積み立ての売却方法

純金積み立ての売却方法

純金積立で蓄えた資産は、いつまでもそのまま保有し続けても問題ありませんが、お金が必要になったときや含み益が大きくなったときなど、もちろん売却しても構いません。ここでは、積み立てた純金の売却方法や売却単位、売却コストなどについて詳しく解説します。

売却の仕方

積み立てた純金を売却するには、取引をしている業者(金融機関や貴金属会社など)が指定する方法で売却手続きを行います。 たとえば、純金積立サービスの大手・田中貴金属の場合は、次の4つの方法から1つを選んで売却することになります。

ネット

ネットから会員画面にログインし、自分で売却手続きを行います。ネット経由で売却するには、事前にネットサービスを申し込んでおく必要があります。

電話

会員専用のコールセンターに電話をし、売却を依頼します。平日の9:30~16:30までに受付しています。

店頭

店頭で売却手続きすることができます。店頭の各種サービスを利用する場合には、事前に「店頭利用カード」の発行が必要となります。

書類

書類に必要事項を記入して提出すれば売却することができます。事前に会員専用コールセンターに連絡し、書類を送ってもらう必要があります。

4種類のどの方法を選択したとしても、売却手続きのプロセスで、売却金の受け取り方法を指定する必要があります。詳細は後述しますが、売却手続きの段階で焦ってしまわないよう、あらかじめ受け取り方法を決めておくようにしましょう。

売却単位

業者により売却単位は異なります。一般的には、以下の一部、または全部が売却単位となります。

  • 金額単位…1,000円以上1円単位
  • 重量単位…1g以上1g単位
  • 全量売却…積み立てた純金の全て

なお、業者によっては、「売却の申し込みは1日○回まで、かつ合計○gまで」や「売却代金200万円以上の場合には、事後的にマイナンバーカードの提出が必要」など、様々なルールが設定されていることがあります。売却時には、ルールをきちんと確認しておくようにしましょう。

受け取りの方法

業者により受け取りの方法は異なります。一般的には、以下の一部、または全部の中から受け取り方法を選択します。

  • 指定金融機関口座への振込み
  • 業者で「預り金」としてプール
  • 現金で受渡し

売却金を純金積立以外の用途に回す予定ならば、通常は指定金融機関口座への振込みを選択します。また、タイミングを見つつ引き続き純金積立を再開させる予定ならば、業者に「預り金」としてプールしてもらっていても良いでしょう。 現金で受け取らなければ安心できないという方は、店頭で手続きをする形となります。

売却時にかかる手数料など費用

一般的に、どの業者であっても純金積立の売却手数料は「無料」となります。例外的に無料ではない業者があるかもしれないので、事前に確認しておくようにしましょう。

なお、仮に売却時に「売却益」が出ていた場合には、その金額を基に所得税を納付する必要がある点にご注意ください。所得税の計算方法は、金の保有期間により異なります。

  1. 5年以上の長期保有した金
    所得税={譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除50万円}÷2
  2. 5年未満の短期保有した金
    所得税=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除50万円

たとえば、過去10年間にわたって均等に積み立てた金の「半分」を売却する場合には、先入れ先出し法の考え方から前半の5年間で購入した金を売却するとみなされ、①の計算式が適用されます。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら