誰でもわかる純金積立の始めかたNavi
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
   
※年間総コスト=月1万円を12ヶ月積立時の年会費・買付手数料の合計
※2021年11月時点の調査情報を元に作成しています
※KOYO証券の公式HPに税表記はありませんでした
純金積立の始めかたNavi » 覚えておきたい純金積立はじめて講座 » 純金積立の会社の選び方

純金積立の会社の選び方

数ある投資の中から純金積立に興味を持った方でも、どの取り扱い会社を選べばよいか悩まれている方は多いのではないでしょうか。ここではポイントを3つピックアップし、純金積立の取り扱い会社の選び方についてそれぞれ解説します。興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

購入方法で選ぶ

一言で純金積立と言っても、その購入方法はさまざまなものがあります。毎月一定金額を積み立てていくスタイルや都度購入するスポット購入、ボーナス月に積立額を増額する方式などニーズに合わせた購入方法を検討することが可能です。

さらにはその日の価格で購入できる当日スポット購入や任意の月に購入できるスポット積み立て購入など、融通の利くサービスが受けられるかどうかも重要です。

日々の自分の生活資金や投資に回せる予算などを前提にしたニーズをお持ちの方は、こだわりの購入方法を選択することができる取り扱い会社を選ぶとよいでしょう。

特にスポット購入とボーナス月のみ積み立て額を増加する購入方法は、一部の取り扱い会社でしか選択することができませんので注意するようにしましょう。

受け取り方法で選ぶ

純金積立を継続して金が溜まった後の精算において、どのような受け取り方を希望するかによっても取り扱い会社の選択肢は変わってきます。受け取り方には大きく分けて①金を売却して現金にする、②金地金として受け取る、③金貨に交換する、の3通りがあります。購入方法と同様に、取り扱い会社によって対応している受け取り方法が異なる場合がありますので、投資の目的や希望する受け取り方法を踏まえて取り扱い会社を選ぶようにしましょう。

手数料で選ぶ

純金積立を取り扱っている会社もビジネスで行っている以上、必ず手数料が発生します。しかし投資家の目線からするとこの手数料は余分な出費であるため可能な限り抑えたいと思うのが普通でしょう。

また、取り扱い会社によってはその他にも年会費などの諸費用や積み立ての度に手数料が発生するということもあります。投資した資金をしっかりと活かし最大限のリターンを得るためにも、何にいくらかかる取り扱い会社なのかを理解した上で選択するようにしましょう。

場合によっては複数の取り扱い会社をピックアップし、比較した結果最も安いと判断できる会社を選ぶとよいでしょう。

利便性・サポート体制で選ぶ

純金積立をはじめるにあたって、多彩なサービスと手厚いサポートで、無理なく資産運用ができる運営会社を選ぶのがいいでしょう。毎月の積立購入以外にも、スポット購入や交換サービスなど、さまざまな取引ができる場合もありますので、詳しくはそれぞれの運営会社をチェックしてみてください。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら