誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
※年間総コスト=月1万円を12ヶ月積立時の年会費・買付手数料の合計
※2015年7月時点の調査情報を元に作成しています
純金積立の始めかたNAVI » 覚えておきたい純金積立はじめて講座

覚えておきたい純金積立はじめて講座

本カテゴリーでは、これから純金積立を始めようとお考えの方や興味をお持ちの方向けに、予め知っておきたい知識や注意すべきことなどを取りまとめてご紹介しています。

 はじめての純金積立、役立つ知識を大公開

最初に申しておきますが、純金積立に限らず、あらゆる投資は決してギャンブル感覚で行ってよいものではありません。
「生兵法は大怪我のもと」の喩え通り、知識や理解不足のまま手を出してしまうと、後悔することは必至です。

そうならないためにも、ある程度の知識や理解を身につけておいてください。

例えば、純金積立を行うことで投資者にはどのようなメリットがもたらされるのか、株式や外国為替との違いは何かといった点はご存知でしょうか?
あるいは純金積立は比較的リスクの低い投資ですが、それでもリスクやデメリットは存在します。その内容は理解していますでしょうか?

さらには、金の価格は毎日変化する変動相場制となっていますが、その取り引きはどのような場所で、どのようにして行われているのか?
純金積立を行う際には、どのような手順で行なっていき、購入した金はどのように保管されるのか?

そして金を取り巻く状況や取り扱い会社選びの際に注意したい点なども知っておきたい所です。

これら、初心者の方に少なからずお役に立てる情報を取りまとめでしたので、ぜひご覧ください。

純金積立のメリット

純金積立は、1,000円程度の少額から自動積立も可能なので、初心者の方でも気軽に始められます。また、リスク回避にも特化しているので安心です。金をジュエリーや現金に替えることができるのも魅力の一つです。

>>純金積立のメリットついて詳しく見る

リスクはないのか

金の価格は変動相場制なので、買った価格よりも相場が下がれば損をする仕組みになっています。会社によって異なりますが、年会費や保管費用などもかかってくるので理解が必要です。ただし、「ドル・コスト平均法」など、リスク対策も可能なので、うまく活用すればリスクを最小限に抑えることができます。

>>純金積立のリスクについて詳しく見る

金の価格の決まり方

金の価格は、国際価格を基準として、その取引量に応じて毎日変わっていきます。日本でも、この国際価格をもとにして価格を決めているため、円ドルの為替レートも重要なポイントです。

>>金の価格の決まり方について詳しく見る

積立の流れ

基本的には毎月一定額の金を購入して積み立てていくという流れです。最低額は各会社によって異なりますが、数千円から購入が可能で、自動積立システムを採用している会社もあるため、うまく活用することで購入の手間を省くことができます。

>>積立の流れについて詳しく見る

成功するための4箇条

「金を取り巻く状況を理解」、金は需要が高まっていますが、供給量が限られるため、その状況を理解する。「金の価格変動の要因を理解」、世界情勢や円ドルの為替レートに注目する。「金の価格変動の歴史を理解」、歴史的な観点から経済状況や社会の変化で金の価格がどのように変動してきたかを理解する。「取り扱い会社選び」、純金積立を行っている会社のそれぞれの特徴を理解する。

>>成功するための4箇条について詳しく見る

純金積立でできる税金対策

純金積立によって財産となった「金」の相続税率を理解することで、相続税なしに財産を相続できる可能性もあります。また、生前贈与に関しても、年間で贈与された金が一定額以下であると課税対象外になります。

>>純金積立でできる税金対策について詳しく見る

金相場の推移と今後の展望

2009年以降、金の安定した生産が可能となり、また金融危機の発生に伴って金の需要は増加しています。今後は先進国の景気回復によるインフレが懸念されるため、より一層、金の需要は高まることが予想されます。

>>金相場の推移と今後の展望について詳しく見る

金の買い方

金の買い方にはさまざまな方法があり、最もわかりやすいのが金貨や金の延棒を購入することです。その他にも、純金積立や投資信託で購入する方法があります。

>>金の買い方について詳しく見る

実物資産とは

実物資産とは、土地や建物、貴金属など、実際に形があり、その物自体に資産価値があり、金融危機やインフレに強く「安全資産」と言われているものです。

>>実物資産について詳しく見る

貴金属会社とネット証券

貴金属会社は、現物の金の取り扱いに強く、ジュエリーなどとの等価交換にも特化しています。一方で、ネット証券は株や投資信託に強く、リアルタイム取引などネットの強みを活かしている。

>>貴金属会社とネット証券について詳しく見る

また、当サイトでは純金積立を取り使っている会社を、年間総コストで比較してみましたので、純金積立を始める前の参考にどうぞ。

成功するならこの会社Best5を発表!>>

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら