誰でもわかる純金積立の始めかたNavi
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
   
※年間総コスト=月1万円を12ヶ月積立時の年会費・買付手数料の合計
※2021年11月時点の調査情報を元に作成しています
純金積立の始めかたNavi » 覚えておきたい純金積立はじめて講座 » 純金積立が向いている人とは

純金積立が向いている人とは

純金積立に興味はあるけど、自分が向いているタイプか分からずに始められないという人もいるはず。

このページでは、どんな人が純金積立に向いているのか紹介するので、自分自身が当てはまっているのか確認してみてください。

少額から投資を始めたい人

投資を始めたいという方の中には、多額の資産が用意できないために諦めてしまうケースも少なくありません。金地金を買い付ける場合は数百万円程度が必要となるため、どうしても費用面のハードルが高くなってしまうでしょう。

しかし純金積立は毎月数千円程度の金額で投資を行うこと可能です。そのため少ない額から投資を始めたいという方に適した方法と言えます。

長期的な目で投資をしたい人

短期間で利益を求める人であれば、純金積立は向いていません。純金積立の投資は、短期的に利益を出す仕組みにはなっていないため、毎月コツコツ積み立てを行い、タイミングを見計らって利益を出すというのが基本的な方法です。そのため長期間投資を続けていこうと考えている人が適しているでしょう。

投資初心者の人

投資というと株式投資やFXをイメージする人が多いでしょう。これらの投資はリターンが大きい分ハイリスクの投資のため、初心者が成果を出すには非常に難しいと言えます。

しかし純金積立は金の価値がゼロになる可能性が低いため、非常にリスクが少ない投資です。そのため初心者であっても、比較的スタートしやすいでしょう。もちろん利益を出すまでに時間は要しますが、ゆっくりと始めたいと考える初心者には向いています。

分散投資を考えている人

どんな投資であれ、リスクはつきものです。投資を行う上で重要なポイントが、リスクをどのようにして分散するかでしょう。リスクを分散させる方法は様々ありますが、その一つが分散投資。分散投資とは複数ある投資先に対し、それぞれ投資を行うことを指し、株式投資と債券の二つに投資するケースなどがあります。

もし分散投資を行わず、たた一つの株式だけに投資をすれば、その株式の株価が下落すると、投資した資産が少なくなってしまい、極端な損失を被ってしまうでしょう。しかし複数の方法で投資していれば、ひとつの投資で失敗したとしても、ほかの投資先の利益で損失を補うことができます。

純金積立は、分散投資の一つとして役立てることができ、株式や国際などに分散させておけば、万が一のリスクにも備えることができるでしょう。少しでもリスクを減らし、分散投資を行いたいという方であれば純金積立が向いていると言えます。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら