誰でもわかる純金積立の始めかたNavi
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
   
※年間総コスト=月1万円を12ヶ月積立時の年会費・買付手数料の合計
※2021年11月時点の調査情報を元に作成しています
※KOYO証券の公式HPに税表記はありませんでした
純金積立の始めかたNavi » 覚えておきたい純金積立はじめて講座 » 純金積立の購入方法の仕組み

純金積立の購入方法の仕組み

純金積立は他の投資資産や金融商品と同様に、複数の購入方法が存在します。

投資家たちは自身の購入する資産や商品などに応じたそれぞれのメリットやデメリットを見極めながら投資方法を選択するのですが、ここでは純金積立でよく選択される「ドルコスト平均法」「スポット購入」の2つについて解説していきます。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を常に一定の金額で、かつ時間を分散して定期的に購入し続ける手法のことを指します。 さまざまな投資資産・金融商品に用いられている購入方法ですが、純金積立においてもドルコスト平均法で購入することが可能です。

メリット・デメリットは?

ドルコスト平均法により購入を行う場合、常に一定の金額で購入を続けるため高値の時には少量を、安値の時には大量に購入する形となります。そのため長期的に見ると買い付け単価が平準化され、高値掴みのリスクを軽減することができるというメリットがあります。投資初心者であっても取り組みやすい購入方法ではありますが、ローリスクである分ローリターンとなってしまうというデメリットもありますので注意しましょう。

また、長期的かつ継続的に購入を続けて初めて効果の出る投資方法ですので、人的ミスや短期的判断によって継続投資が途切れた場合、投資の平準化というメリットを受けきれない可能性もあります。

スポット購入とは

スポット購入とはその名の通り「その都度購入する方法」を指します。 買いたいと判断した時に希望の量・金額を投資する購入方法で、金相場をモニタリングしながら価格が下がったタイミングで購入するのが一般的です。 中には定期購入を基本としつつも、金相場を見ていて「買い」だと判断したタイミングでスポット購入を行う投資家もいます。

メリット・デメリットは?

スポットでの取引は、ボーナスの支給などにより手元資金が潤沢なタイミングで購入したり、資金が必要になるタイミングでまとめて売却したりという対応がとれるメリットがあります。また、安値の時に買い高値の時に売却することができれば、多大なリターンを得ることが可能なのも魅力の一つです。

しかしながら思惑に反した値動きを付けた場合には、大きな損失が発生する可能性があるというリスク・デメリットもあることを理解しておきましょう。

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら