誰でもわかる純金積立の始めかたNAVI
失敗しない純金積立のための入門サイト
純金積立会社を徹底比較
HOME » おすすめの純金積立会社を徹底比較 » KOYO証券

KOYO証券

ETF・REITや先物・オプション取引、デリバティブから外国債券、現物資産までを手広く扱うKOYO証券。純金積立を取り扱う証券会社として、業界内でも評判のコストの安さやサービスの特徴、会社概要などをまとめました。

業界内でも安値の積立コスト

KOYO証券の純金積立は、コスト面が魅力的です。年会費は1,500円、積立購入手数料は無料。購入手数料が無料のところは他にあまりないので、大きな特徴といえるでしょう。

積立は月々3,000円から始められるので、サラリーマンにも人気。以降1,000円単位で任意に増額することができます。このように低資金から始められるので、まとまった資金をお持ちでない方にも、広く門戸が開かれているのです。

スポット購入や金地金の引き出しも◎

積立購入手数料が無料なだけでなく、KOYO証券はスポット購入も無料。そのため、自分が購入したいときに購入したい分を気軽に買い付けることができます。

しかも金地金の引き出しが簡単・便利。500g・1000gバーは、バーチャージなしで引き出せます。積み立てた金を引き出せなかったり、バーチャージのみで数千円~数万円のところもあるので、それに比べると大きなメリットと言えるでしょう。

コストのほかに評判なのは、万全のサポート体制。夜間でも「トレードサポートデスク」が開かれ、海外の動きや国内外の経済指標など、情報を仕入れることが可能。また、会員制WEBサービスを利用すれば、ひとりで解決できないことでも電話で丁寧に対応してくれるので、サラリーマンの方にも人気があります。

特典も多い消費寄託を採用

KOYO証券では消費寄託を行っています。

消費寄託のメリットは、取扱会社が預り金地金を運用できるので、その運用益分が購入コストの軽減だったり、さまざまなサービス、特典に繋がっていることです。

ただし消費寄託は特定寄託に比べ、取扱会社が倒産した場合に金が引き出せなくなる可能性があります。

Face to Faceを大切にして事業を拡大

KOYO証券は1963年の創業以来、金を中心にデリバティブ取引の高い管理・運用能力を備えています。2011年に取引所CFD取引(くりっく株365)、2012年に外国債券、2014年に株価指数先物・オプション取引、2015年にETF・REITの取扱いを開始するなど事業を拡大しています。

KOYO証券は何位?純金積立会社を年間コストや手数料などで比較しました!

KOYO証券の基本Data

  • KOYO証券株式会社
  • 本社:東京都中央区東日本橋2-13-2 光陽東日本橋ビル
  • 設立:1963年

・金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1588号
・商品先物取引業者
・農林水産省指令22総合第1337号、経済産業省平成22・12・13商第19号
・日本証券業協会会員
・一般社団法人 金融先物取引業協会会員
・日本商品先物取引協会会員

各社の総コストと満期時総額
積立金額
継続年数
計算する
KOYO
証券
田中
貴金属工業
マネックス証券
総コスト -円 -円 -円
満期総額 -円 -円 -円
総コストを抑えた純金積立はこちら